Kokoro oboe

Kokoro oboe

心覚え。

【ATHENA】/ CircusP + CrusherP の和訳と解釈

ギリシャ神話に登場する、知恵と戦いの女神アテナ。天から人々を見届けており、傲慢なものあらば容赦なく制裁を加える。しかし時として困っているものには知恵を授け、背中を後押ししてくれる存在である。そんなアテナをモチーフにした曲を読み解く試みをしました。

 

youtu.be (VOCALOID5のCYBER DIVAさん。すごく黄色。)

  

 

◆曲「ATHENA」の和訳

The moment is right, so don't wait
Get ready to fight, when I say
Break free of the chains
That hold you back React

 And plan your attack

絶好の機会をのがしちゃダメ

私がいいって言ったら、戦う準備をして

あなたを躊躇(ためら)わせる束縛を解いて、立ち向かえ

 攻撃の策を巡らそう

Brace yourself and run into the battlefield
Move on. Don't falter. Plan your pursuit
And charge on in head on I will be your shield
Go on. Release the goddess inside you!

 覚悟ができたら戦場に飛び込め

前を向いて先へ。怯(ひる)まないで。あなたの大事にしたいものを想像してみて

知性の能力をもって、あなたの身を護る盾になろう 

 

さあ 内なる女神を解き放て!

 
In every star
In every moon
In every vena
There lives Athena

 消え入りそうな星にも

かけた月にも

どんなに細い血の通り道にも

アテナは宿る

 
In every star
In every moon
In every vena
There lives Athena

消え入りそうな星にも

かけた月にも

どんなに細い血の通り道にも

アテナは宿る

 
In every star
In every moon
In every vena
There lives Athena
 消え入りそうな星にも

かけた月にも

どんなに細い血の通り道にも

アテナは宿る

 
From the deepest oceans to the shallow shore
You will hear her cry The goddess of war

 光の届かぬ海の底から 波打ち際まで[+どこに居たって]

 

勝利の女神の 力強い声が届くだろう

 
From the deepest oceans to the shallow shore
You will hear her cry The goddess of war

光の届かぬ海の底から 波打ち際まで

 

勝利の女神の 力強い声が届くだろう

 

◆和訳補足

訳を作るときに、

○命令文のオンパレードであるが、厳しさが出ないようにする

○女神らしく、しなやかな美しさと知性を感じられるようにする

というのを心がけたつもり。

 以下、ブロックごとに分けて、英語の歌詞と訳出するときのプロセス。

 The moment is right, so don't wait
Get ready to fight, when I say
Break free of the chains
That hold you back React
And plan your attack

 that 以下は主語が抜けているから関係代名詞で…みたいなことをやってました。合ってるんかいな 

 

 Brace yourself and run into the battlefield
Move on. Don't falter. Plan your pursuit
And charge on in head on I will be your shield
Go on. Release the goddess inside you!

 ※Plan your pursuit 

直訳したら「追求したいものを計画せよ」

じゃあ意味が通らないので、なんとかなんとか丸めて

「あなたの大事にしたいものを想像してみて (創造もアリかも) 」としました。

 

And charge on in head on I will be your shield

文構造がとれなかったので、少々後ろめたい訳になりました。2通りの訳がでてきたんだよ。

 ①知性の能力をもって、あなたの身を護る盾になろう

And charge /on in head / on I will be your shield

引き受ける 知性のありかを あなたの身を護る盾として

⇒アテナの頭脳的な能力をもって、あなたの身を護る盾になろう

 

真正面からぶつかっていけ あなたの身を護る盾になろう

And charge on / in head on / I will be your shield

charge=体当りする, 突撃する

head on =正面から

構造的には②のほうが はちゃめちゃです。でも単語つなげたらこういう訳もできて違和感がない…気がする。

 

 In every star        
In every moon      ×3
In every vena
There lives Athena

「すべての星、すべての月」という非常にサッパリした訳が、はじめにポンとでてきたのですが、あまりに情緒がないので

every=個々にザラッと目を通して、ひとくくりとしている意識

ということで、

「一つ残らず、見落としそうになる弱い立場のものたちも」

の訳が持ち上がってきました。

 

そういえば、星は明るいものもあれば暗いものもあり、

月は完全に満ちた月もあれば、不完全な形のものだってある。

vena(血管、静脈)は、全身に送る、主となる太い血管もあれば、 体の末端まで血液を送り届ける細い網目のような血管もあり。

 

ここは、人々が存在すら気づかないようなものたちに、目を向けているのだ、という解釈になりました。

 From the deepest oceans to the shallow shore

You will hear her cry The goddess of war               ×2

 

※  From the deepest oceans to the shallow shore =もっとも深い海から浅い岸辺まで

⇒光の届かぬ海の底から波打ち際まで

 物語っぽく意訳しました。

 

先のeveryの「一つ残らず」の意識で考えると、

深い海は光が届かないし中にあるものはわからない。逆に浅瀬は水が澄み切って、奥まで見通せる。見えないようなところまで女神は見通している。(意味が通った!)

 

※You will hear her cry The goddess of war

''cry''ってなんのことを叫んでる、もしくは泣いているんだろう、と考えたときに、

 

①一行上に、海のことを書いている。

「泣く」の訳をとって、「ザザーン ザザーンと寄せては返す海の音って、女の人がすすり泣いてるみたいね。それは女神の涙を流す声なのよ」

という解釈が浮かびました。でもギリシャ神話の女神って、膝を折って「ヨヨヨ」と泣くような女人はあまり居ないのです。ましてアテナは、気高く 気の強い描かれ方をしています。

曲中でも人々を救う立場に立っていることから、cry=泣くではないと思いました。

 

②そうなると、cry=叫ぶのほうが適当かもしれない。じゃあ、なんのことを叫んでいるんだろう。あっ

(以下 一部抜粋)

The moment is right, so don't wait
Get ready to fight, when I say
Break free of the chains
That hold you back React
And plan your attack

絶好の機会をのがしちゃダメ

私がいいって言ったら、戦う準備をして

あなたを躊躇(ためら)わせる束縛を解いて、立ち向かえ

 

攻撃の策を巡らそう

Brace yourself and run into the battlefield
Move on. Don't falter. Plan your pursuit
And charge on in head on I will be your shield
Go on. Release the goddess inside you!

 

覚悟ができたら戦場に飛び込め

前を向いて先へ。怯(ひる)まないで。あなたの大事にしたいものを想像してみて

知性の能力をもって、あなたの身を護る盾になろう 

 

さあ 内なる女神を解き放て!

 

これだ、この大量の命令文で始まる文章たちを、強く叫んでいるんだ。考えてみれば、歌詞を内容によって大きく分けたときに、

 

1,女神が叫んでるメッセージのようなもの(上の四角で囲ったパート)

2,女神がいる場所(In every star…のeveryがたくさん出てくるパート)

3,まとめの伝えたいこと(おわりの2文)

 

となると思う。そこで、「叫び」は、あなたを力づけるメッセージを叫んでいるのだ、としました。

 

※You will hear her cry The goddess of war

The goddess of war=勝利の女神 としました。アテナのついた軍は必ず勝利する、という言い伝えから。

 

 

◆曲の解釈

 

女神は舞いおりた。辛くて折れそうなあなたを、雲の切れ目から見つけて。

 光の当たる道を歩く人たちが羨ましいと思うときもあるでしょう。女神は、日陰の人々にだって、あたたかな手を差し伸べましょう。何もかも持っている人だけが救われるわけじゃない。

心がめげて苦しい渦中にいる人々をすくい上げ、女神とともに逆境に立ち向かっていく。あなたはひとりじゃない。私がついている。

  

◆曲に関するおまけ(ギリシャ神話とのつながり/ 韻を踏んだ歌詞)

 

ギリシャ神話とのつながり

○女神アテナは、父の頭をかち割って(諸説あります)生まれた。ダイジョウブ パパは神様だから無傷です。アテナが宿って守ってくれるならば、言うまでもなく頭脳に降りてきてくれるのだろうなと思いました。

歌詞中に「盾」の言葉が出てきたのは、戦いの女神であり、盾は一つのモチーフであること。また、神話中で窮地に陥った英雄に盾を貸していることから、あなたを手助けするものとしての象徴 と捉えました。

 

韻を踏んだ歌詞

英語って、意識して韻を踏む文章(声に出したときにリズムがいいこと。ラッパーを思い出してくれ)を作ることが度々あるそうな。

そこで歌詞を見てみると

The moment is right, so don't wait   

Break ⇔ Brace  ブレイブレイ

In every vena   エィナ


In every vena   ヴィ
There lives Athena  アテ

【注意】発音は耳で聴こえたものをもとに書き起こしています。

実際しゃべってみると、何となく「ああなるほど」となるかも。

 

◆おわりに

曲を聴いたときの身の震えるような感動は、言いしれぬものがありました。いつか英語のニュアンスをそのままに、日本語訳したいと思いつめて久年。つたない英語力を母国語の語彙で上手くカバーして、なんとか出来上がりました。慈悲深い女神の ことば’ を神託のごとく伝えられたらいいな、と思います。

お読みいただきありがとう。