Kokoro oboe

Kokoro oboe

心覚え。

電気で加熱できるお弁当箱【電子レンジがないときは】

学校や職場であったかいお弁当が食べたい!でも電子レンジがない!温めるものがほしい!

みなさまこんにちは。記事を見に来てくださった方、おそらく「冷たいお弁当を食べるのはイヤだけどどうしようもない」という方々だとお察ししますが、いかがでしょう(にっこり)。しかも電子レンジがない!というお悩み。

 胃に冷たい食べ物を流し込むのはしんどいときもありますし、

  ・前日にお弁当を詰めて冷蔵庫に入れるため、ご飯が少しパサついている

・お弁当に詰めた、肉の油が白く固まってしまう

ということもありますよね。

 

その悩みを解消すべく、なけなしのお金をはたいて、ネットショッピングで安かった電気弁当箱(コンセントを挿すタイプ)を買いました。この記事では、購入してよかった点はもちろんのこと、デメリットも含めてお伝えしようと思います。

 

コンセントすらないんだけど!と言う方でも、モバイルバッテリーを使えば、どこでもお弁当を加熱できます(値が張りますけども…)。

 

電気弁当箱のレビュー

実際購入したのはこちらの商品ではないのですが、外見と機能はこんな感じです。

ただし中はプラスチックではなくアルミで、仕切りがなく使いやすくなってます。

 

外箱

f:id:art_emis:20190718185941j:plain
f:id:art_emis:20190718185930j:plain

右画像真ん中あたりに、ボールペンでチェックが付いています。

この下の 「60Hz」の対応しているということだと思います。東日本と西日本でヘルツ数が違うので、ショップの方が、購入者の住所を考慮した上で選んでくださっているかどうかは分かりません。出品者さんに確認がとれたらしたほうがよいと思われます。

(私が購入したときは、地域のヘルツに合っていて問題なく動きました。)

 

商品

f:id:art_emis:20190718185806j
f:id:art_emis:20190718185823j

(左の画像)フタを閉めたとき。コンセントをつけたところです。

(右の画像)フタにプラスチックのスプーン入り。

取り外しのできる、プラスチックのおかず入れが入っています。

 

f:id:art_emis:20190718185908j:plain

フタのシリコンのキャップは外せます。加熱時の蒸気を逃がすためです。

※加熱時は、蓋の真ん中の丸くて小さい蓋を外すように、とあります。蒸気がこもり壊れるのを防ぐためのようです。が、食べ物を直に入れない人はつけたままにしてもよいです(後述)。

 

また、おかず入れに合わせて、容器の真ん中に仕切りがついています。この仕切りは外せません。

ここでデメリット

まず、加熱式のお弁当箱とのことですが、説明書に、「加熱部分と食べ物を入れるところが一体型になっているため、丸洗いはできません。少量の温水で、もしくは濡らしたやわらかい布で拭いてください」とあります。洗えないんかい!

説明書

f:id:art_emis:20190718185835j:plain
f:id:art_emis:20190718185846j:plain
f:id:art_emis:20190718185859j:plain
説明書

このような条件であるため、直に食べ物を入れて使うより、仕切りにうまく入る小さいお弁当箱や、パンなど入れて温めて使うのが良いと思います。自分のお弁当箱が入るかどうかは、商品ページに縦・横などのサイズが書かれています。

私が購入した製品は、このように書かれてありました。

「 160*230*100mm 」⇒「 タテ16cm ヨコ23cm 高さ10cm 」と考えます。(文字が海外っぽいですね。ご愛嬌です)

f:id:art_emis:20190718201355p:plain

でも仕切り外したいね(心の声)

 

 そうですね。そこで、なんとか仕切りを外すことにしました。

届いた商品を改造する

ここから先は、仕切りを熱で溶かして外していきます。ハンダゴテやアイロンが必要になります。

ハンダゴテやアイロンを仕切りに当て、ゆっくり溶かしながら外していってください(焦げることはありません)

【注意】

  • 溶けたときに匂いが出ます
  • 溶けたプラスチックがびよーんと伸びます(冷えたらそのまま固まります)
f:id:art_emis:20190718205810j:plain
f:id:art_emis:20190718185919j:plain

(右)仕切りをはずしたところ (左)500mlのお弁当箱をいれたところ。

使ってみての感想

結論から伝えますと、十分使えます。

ただし、注意点として、温めてフタをあけたときに、製品の特有のにおい(?)がでます。プラスチック臭かもしれません。気になる方もいらっしゃるかも。

 

500mLのお弁当箱だと30分でご飯が温まります。

1時間加熱すると、湯気がもうもうとたち、白ごはんが熱くなりすぎて(焦げ目はついていませんが)おこげのようになりました。

 パンだと15分もすればアツアツになります。食べたときに、少しサクサクする食感になりました。気をつけたいのが、パンの入った袋が溶けてしまう可能性があること。様子を見ながら温めるか、袋から出すほうがよいかもしれません(プラスチック容器はとませんでした)。

 

加熱によって周囲に食べ物のにおいが出るのではないか、と心配したことも、密封性が高く、となりに人が座っていても使えました。ネットショッピング特有のサイトの作りを見て怪しさ満点でしたが、思った以上に使えるので買ってよかったかな、と思います。